アラサーママが生活の知恵をつづるブログ

もぎぶろぐ

生活の知恵

お盆休み期間2020年はいつからいつまで?東京と地方では違うの?

投稿日:

東京五輪が開催される2020年、お盆休みがいつからいつまでになるのか気になりますよね。2020年は特別なお盆休みになりそうです。元々東京と地方ではお盆が異なりますが、更に東京五輪の影響も出てくるのでしょうか?今回は、2020年のお盆休みがいつからいつまでなのかを調査しました。

スポンサーリンク

2020年のお盆休み期間はいつからいつまで?

2020年はオリンピックも開催される年だけに、いつからいつまでがお盆休みになるのか気になりますよね。いったいいつからいつまでなのでしょう?

例年通りで行けば、8月11日が山の日で祝日になるはずですが、2020年は東京オリンピックの年と言うこともあり、例年通りにはいきません。

というのも実は、2020年は特例法である「東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別措置法」によって祝日が移動される取り決めがあるのです。

従って、2020年の山の日は8月10日に移動になります。なんてこった!

ということで、2020年のお盆休みは、8月13日(木)から8月16日(日)までの4日間となります。

2019年のお盆休みは、8月10日(土)からの9日間なので、ついつい比較して短めに感じてしまいそうな2020年のお盆休み。

東京オリンピックで盛り上がるかと思いきや、意外と休みも取れなさそうですね。

東京のお盆期間はいつ?他と違うの?

通常、8月のイメージが強いお盆休み。しかし、東京と地方とではお盆休みが異なる話もしばしば聞いたことがあるのではないでしょうか。

実は東京の場合、7月13日から7月16日までがお盆としているところが多いようです。

具体的には、7月13日が迎え盆で先祖の霊を迎え入れるために夜に迎え火をします。14日、15日の2日間は、仏壇にお供え物をして、16日に送り火をして先祖を送る送り盆をします。

この一連の流れ自体は、風習なので東京と地方とで異なるという事はありませんが、東京と関東の一部の地域では、お盆が早まるのは何故でしょうか。

これには、暦が関係しているとされています。もともとは、伝統として、旧暦の7月15日にお盆を行うことが習わしでした。しかし、新暦になり8月15日にずれてしまいました。

東京や関東の一部地域は、旧暦の伝統を大切にして、今でも少し早めの7月にお盆を行っているようです。

その他にも、親戚が一度に集まるお盆だからこそ、親戚全員が集まりやすいようにと時期を東京と地方とでずらしたという説もあります。

また、地方が旧暦ではなく、新暦を取り入れたのは、農作業の関係もあるのだそうです。

新暦でいう7月は農作業において非常に大事な繁忙期とされており、それに関係する行事も多いことから、落ち着いてお盆と向き合う事が出来ないという事もあり、時期的に旧暦と同じ新暦の8月にお盆を行うことにしたようです。

スポンサーリンク


そもそもお盆って何?

と、ここまでお盆がいつからいつまでなのか、とか東京と地方で日程が違う理由なんかを調べてきましたが、お盆とはそもそも何なのでしょう?

ご先祖様にお供え物をして、供養する儀式のようなものと漠然と考えている方も多いと思います。あるいは、親戚が一度に集まる先祖を敬う行事というイメージが強い気がします。

お盆の深い意味を理解した上でお盆を迎えているご家庭も最近では少なくなってきているかもしれません。

かく言う私も少し前までは、漠然とご先祖様が現世に戻ってきて、それを子孫が迎えて、なにやらお供えをする風習だとしか考えていませんでした。

おおよその考え方としては、間違えてはないのですが、深く探ってみました。これを機に、皆様もお盆の意味などを理解した上でお盆を迎えてみてはいかがでしょうか。

お盆の正式な呼び方は、盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。最近では、この言葉を聞く機会も減ってきたように思います。

ご先祖様や亡くなられた方々がこの世に彷徨ったり、苦しんだりすることなく、成仏してもらえますようにということを願い、子孫が追善や報恩の供養をする期間をお盆と言います。

盂蘭盆会の解釈には、様々な説があるそうです。最も有力な説は、古代インド語の「ウランバナ」という言葉に漢字を当てはめた音写だとするものです。

ウランバナは、「逆さ吊り」を意味する言葉で、「逆さに吊るされた様な苦しみを取り除く」という意味を示しており、先祖の霊を招き寄せて供養する行事だとされています。

日本では、推古天皇の時代に斎会(さいえ)という「僧や尼を招いて食事や仏事を行う行事」を行っていて、これが現在のお盆行事の起源とされています。

そのため、お盆の行事が初めて行われたのは、推古天皇の時代と言われています。そんなに古くからの風習が今でも続いているというのも凄いですよね。

地域や宗派によってお盆の行い方等は、異なりますが、祖先の霊がこの世に戻ってくるという考え方は同様のようです。

お盆はどうするもの?

お盆とは何かが分かったところで、次にお盆にすることは、何があるのでしょうか。

墓掃除・精霊棚、盆棚の用意

まず、お墓掃除をしてお墓参りをします。精霊棚や盆棚を飾ります。この精霊棚は、お盆のみに用いられる祭壇のようなものです。

盆提灯を飾る

また、盆提灯を飾ります。こちらもお盆のみに用いる装飾です。ご先祖様の霊が迷わずに帰れるようにするための灯りを照らし、ここがご先祖様の帰るお家ですよと知らせる役割があると言われています。

初盆の際には、僧侶を呼び、供養の法要を行います。また、お寺や宗派に寄って異なることもありますが、お盆の際に墓前でお経を唱える盆会墓前読経をします。

宗教やご家庭により、お盆の過ごし方は様々ですが、やることが沢山あります。何をするのかを日にちごとにご紹介していきます。
12日までに盆提灯を飾ります。この時、灯りは灯さず、玄関先に飾るだけです。

盆の入り~送りまでにすること

盆の入りの13日には、故人を家に迎えるために準備をします。まずは、先程挙げた精霊棚を飾ります。盆棚には、精霊馬を飾ります。精霊馬とは、茄子やキュウリを使って作られた馬と牛のお盆飾りのことです。茄子やキュウリに割り箸を4本差し、馬と牛の足を作ります。

これは、お盆にご先祖様を乗せる乗り物とされています。

お墓の掃除をして故人の魂をお迎えします。また、茄子とキュウリにはそれぞれの役割と意味合いが込められています。キュウリは馬を示します。馬は、駆けるのがとても足が速いので、ご先祖様にあの世からこの世に早く戻ってこられるように迎えに行き、連れて帰ってくる役割を果たします。

一方、茄子は牛を示し、足が遅くゆっくりとしたイメージの強い牛は、そのイメージ通り、ご先祖様がお帰りになる際に乗って、ゆっくりと進んでくれるように足の遅い牛を用意します。

そして、この世からのお供え物を沢山持ち帰っていただき、牛にその荷物を乗せればより遅く進んでくれるという意味が込められています。別れを惜しんでの牛の用意です。

一部地域によっては、初盆で十分に鎮魂されていない新精霊に対し、丁寧に迎えるために牛、急いで帰って貰うために馬とする所もあるようです。

余談が多くなりましたが、次にすることは、お墓までいき、盆提灯を灯しながら、故人の魂と一緒に家に帰ります。

これは、盆提灯の明かりが魂を導くとされているからです。その際に使用した盆提灯はそのまま家に飾ります。
続いて、8月14日、15日には、お坊さんを家にお招きし、法要を行って頂きます。

その翌日、 送り盆の8月16日はその名の通り、帰ってきて下さったご先祖様の霊と一緒にお墓に行き、あの世へとお見送りします。これらがお盆にする基本的な一連の流れです。

スポンサーリンク



お盆のお供えものとかどうする?

お盆のお供えものは何が適しているのでしょうか。みなさんは、「五供」という物をご存じですか。宗派により異なりますが、仏教学で「香」「花」「灯明・灯燭」「水」「飲食」の五つがお供え物の基本とされています。

これらをまとめて「五供」と呼び、ご先祖様の供養を行います。そして、これらの物には、それぞれに意味合いがあります。一つ一つご紹介していきます。

「香」

まず、「香」は、お線香の事です。この香りは故人に対して大切なものと考えられている物です。

仏壇で拝む際、お線香を焚くことでお供えした人と周りの人の心身が清められるとされています。お盆の際は、ご先祖様の精霊を迎え入れ、送り出す時にも必要な物となります。

線香らしい匂いが苦手な方も多いので、柔らかい香りのものを選ぶと良いでしょう。また、煙が少ない線香も開発されているので、様々な事を考慮して、煙の少ないタイプを選ぶ方が良いかもしれません。

「花」

次に、「花」です。よく仏壇にお供えされているのを目にするので、これは想像がつきやすいと思います。

仏壇等にお花を供えることを供花といいます。麗しく新鮮な花を仏前に捧げることには、花のように心清くいてほしいという仏様の教授や願いからだとされています。

最近は、仏花用のドライフラワーや造花も売られていますが、いつか枯れていってしまう様が世の無常を表現しているとされているため、なるべく生花をお供えしましょう。

また、お花もバラなどのように棘がある花は、悪いイメージが強いので避けましょう。お花の色は、白のみや白・ピンク系、白・イエロー系等を中心に選ぶと良いでしょう。

「灯明・灯燭」

「灯明」は、これは、蝋燭の灯を示します。蝋燭の灯は、供養する人の心を引き締め、仏様の教えを守ろうとする気持ちを助ける働きがあるとも言われています。

またこの灯りが、拝む人の心の闇と煩悩を照らし出し、それらを取り除くと言われています。

灯燭は、蝋燭などを灯すための物を指します。お線香を使用する際にも必要となるので、セットで持って行くと良いと思います。

「水」

水は、キレイなお水を用意します。お参りする側の心を清らかにする意味が込められているそうです。

特別な物を用意する必要はありませんが、毎日新鮮なお水を用意しましょう。

「飲食」

「飲食」は、言葉の通り、ご先祖様が召し上がるための飲み物とご飯のことで、「おんじき」と言います。

お盆などの特別な日は、御霊供膳という特別なお膳をお供えします。ご飯、味噌汁、お新香、煮物、和え物といった一汁三菜を基本とした献立です。

「殺生」を連想するお肉や魚、匂いの強いニラやニンニクなどの食材の使用はNGです。

ご先祖様が食べられる状態でお供えします。封があるものは、開封してお皿に盛るなどをして供えます。夏は食べ物が傷みやすいので、食事が終わったら、早めに下げる事も大切です。

お膳の準備には、配置があるのでそこも注意が必要です。宗派や地域により、多少配置が異なる場合がありますが、供え方は仏壇側から見てお箸が手前、ご飯が左手側、汁物が右手側に来るように配置します。また、それに加え、故人の好物もお供えしましょう。

ただし、宗派によっては、コーヒーやお酒などの嗜好品はダメという場合もあるので、故人が好きな物でも避けるべき物もあるので注意しましょう。あらかじめ、宗派の事を調べた上で選ぶようにしましょう。

お供え物は五供が基本

というわけで、この五供が基本ではありますが、お盆に帰省する際に持って行くお供え物は、「故人が生前好きだったもの」を考えて選ぶのが良いでしょう。

その他、お盆のお供え物で定番なのは、フルーツの盛り合わせやお菓子です。古くから日本では、丸いものは「円」すなわち「縁」を連想させる事から、縁起物とされてきました。

そのため、果物をお供え物とする場合にはスイカやぶどうなどの丸い物を選ぶと良いでしょう。また、バナナのようにあまり日持ちがしないものは避けましょう。

フルーツの盛り合わせの場合は、「割り切れる」個数はNGです。割り切れるのは、故人との縁が切れることを連想させてしまうので偶数は避けた奇数の盛り合わせにしましょう。細かいようですが、意外と重要です。

沢山書き連ねましたが、お供えものは故人への気持ちへの表れなので、故人が生前何を好んでいたのか、お家に帰ってくる時にどうしたら喜んでもらえるのかという考えで準備をしていくと良いでしょう。

まとめ

東京五輪が開催される2020年、お盆休みがいつからいつまでになるのか、東京と地方ではお盆の時期が違う事やお盆とは?お供え物はどうしたら良いのかということについて調べました。

2020年は特例法である「東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別措置法」によって祝日が移動される取り決めがありますが、実質2020年のお盆の期間は、8月13日(木)から8月16日(日)までの4日間になることが分かりました。

東京などの一部地域は、旧暦を重んじ、少し早めの7月に行われるという地方との違いもあり、それらの理由なども掘り下げていきました。

そして、お盆の正式な呼び方は、盂蘭盆会といいご先祖様がこの世に彷徨ったり、苦しんだりすることなく、成仏してもらえますようにと願い、子孫が追善や報恩の供養をする期間をお盆ということも分かったと思います。

そして、お盆のお供え物の基本的な考え方や五供にも触れて詳しく紹介しました。これで、お盆への考え方も今までとは違ってきたのではないでしょうか。

様々な意味合いが込められているお盆。しっかりと意味合いを考えながら、今後も向き合っていきましょう。

スポンサーリンク


-生活の知恵

Copyright© もぎぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.